【あ】

あおる

発馬の状態で、発走直前、あるいはゲートの開いた瞬間にゲート内で立ち上がったりして、前肢を上げた格好で発走するこ

続きを読む

あがる

牝馬が競走生活にピリオドを打ち、繁殖牝馬として牧場に帰ることを「繁殖に上がる」または単に「あがる」と言っている

続きを読む

あて馬

種付け(交配)をするときに牝馬の発情を促す目的で使われる牡馬のこと。 ここから派生して、選挙などでは「有力な候

続きを読む

あとびき

運動中あるいは馬をつなぐ時などに後退する癖。後退癖の俗称である。

続きを読む

あんこ

経験の乏しい見習騎手のこと。「あんちゃん」「あんちゃんこ」ともいう。 一説には東北地方の「兄」の方言からきたと

続きを読む

アーニング・インデックス

種牡馬の優劣を判定するためのひとつの目安で、出走馬1頭あたりの収得賞金の平均値を1として、各々の種牡馬の産駒の

続きを読む

アウトブリード

異系交配、異系繁殖のこと。サラブレッドの生産は近親交配(インブリード)をもとに作られてきたが、比較的血縁関係の

続きを読む

アジア競馬会議 (あじあけいばかいぎ)

アジア競馬会議(略称ARC:Asian Racing Conference)は、アジア諸国間の親善と相互理解の

続きを読む

アジア競馬連盟 (あじあけいばれんめい)

アジア競馬連盟(略称ARF:Asian Racing Federation)は、アジアを中心に20の国・地域が

続きを読む

アタマ

レースにおける着差のひとつ。2番目に短い着差で、競走馬の頭ひとつ分ぐらいの差。

続きを読む

アラアラ

レース前半をハイペースで飛ばすなど、何らかの原因でスタミナを消耗しすぎた競走馬がバテてもう走れなくなった状態や

続きを読む

アラブ

純血アラブの原産地はアラビア半島。しかし、一般に競走に使われているアラブといわれている馬はアングロアラブまたは

続きを読む

アルファルファ

豆科の多年生牧草で、粗蛋白質を多く含み、牧草の王様とも呼ばれる馬の飼料には欠かせない牧草。 品種により寒地、暖

続きを読む

アングロアラブ

アラブとサラブレッドの交雑種。はじめは両馬の特質を備えた騎兵乗馬用としてフランスで造成されたものだが、その生産

続きを読む

芦毛 (あしげ)

原毛色は栗毛または鹿毛ないし青毛等であるが、馬体全般が白色(灰色)で、白い毛に黒色または濃褐色の刺し毛があるも

続きを読む

鞍上 (あんじょう)

「鞍上が替わって」とか「鞍上強化」などと使われるように騎手(ジョッキー)のこと。 同じ表記で「くらうえ」とも言

続きを読む

汗取り (あせとり)

馬の太目残りを解消するため、日が昇ってから馬に毛布をかけ、その上に鞍を置いて調教をすること。かく汗の量が増え、

続きを読む

脚をあます

レース中に何らかの不利があったり、騎手がミスをしたりなどして競走馬が全力を出し切れずにレースを終えてしまうこと

続きを読む

脚色 (あしいろ)

脚勢のことを脚色という。能力を出し切ってスピードが衰えたとき「脚色が悪い」といい、まだ余力があり、追えば伸びる

続きを読む

脚抜きがいい

雨の日のダートコースなどで砂が水分を吸って走りやすくなっている状態のこと。 一般的に芝コースは雨が降って馬場が

続きを読む

穴 (あな)

人気のない馬が勝ったり、2着に入って、好配当になったとき「穴が出た」という。 この穴を出した馬を穴馬というが、

続きを読む

穴場 (あなば)

馬券発売窓口の俗称。昔は窓口に半円形の穴があいていて、そこに手を入れてお金や馬券を渡したことからそう言われるよ

続きを読む

穴人気 (あなにんき)

それほど実績の伴っていない競走馬が、近走の成績やレースぶり、血統背景、騎手、マスコミなどの報道により一般的に考

続きを読む

後検量 (あとけんりょう)

競走が終了すると、指定された負担重量で騎乗していたか、また前検量と劇的に重量が変化していないかを確かめるために

続きを読む

上がり馬 (あがりうま)

「昇がり馬」と表記される場合もある。調子の上がってきている馬のこと。 一般には下級条件から短期間のうちに2連勝

続きを読む

上がり (あがり)

ゴールから逆算して3ハロン(600m)のこと。また半マイル(800m)を合わせて言うこともある。 「上がり50

続きを読む

青ランプ (あおらんぷ)

競走が「審議」となった際に、着順掲示板に審議中を表わす「審」の文字とともに点灯させる青色のランプのこと。 ただ

続きを読む

青鹿毛 (あおかげ)

サラブレッドの毛色の一つ。全身がほぼ黒色だが、目の回りや鼻、ワキなどの一部が褐色の毛色。 菊花賞、有馬記念、天

続きを読む

青毛 (あおげ)

「被毛(短くて細く全身に密生している毛)」、「長毛(たてがみ、まえがみ、尾毛など被毛に比べ長い毛)」ともに黒色

続きを読む

赤ランプ (あからんぷ)

着順掲示板にあり、レースが確定したときに「確」の字とともに点灯される赤ランプのこと。これで到達順位のとおり着順

続きを読む

赤リボン (あかりぼん)

競走馬の性格、癖などを示すために体につけられるリボンのこと。 尻尾につけられている馬は蹴り癖があり、頭部につけ

続きを読む

赤旗 (あかはた)

発走時刻の約1分前に発走委員が発走台に上がって、発走準備開始をうながすために振る旗。輪乗りをしている騎手たちに

続きを読む

赤帽 (あかぼう)

騎手候補生のこと。トレーニングセンターでの実習の時にかぶる帽色から、転じて赤帽と呼ばれるようになった。

続きを読む

朝飼葉 (あさかいば)

馬に飼料(飼葉)を与えることを飼い付けというが、通常朝夕の2回に分けて与えている。 朝の調教が終わった後に付け

続きを読む

朝追い (あさおい)

水曜もしくは木曜に行われる本追い切りの後、金曜日や土曜日の朝に行われる調教のこと。 大抵は本追い切りで馬が仕上

続きを読む

鐙 (あぶみ)

鞍の附属具で、騎手が自分の体を安定させるために踏むもの。

続きを読む

併せ馬 (あわせうま)

調教のときに2頭以上の馬で並んで走ること。「単走」と違い、「併走」させることによって競走馬の闘争本能を引き出し

続きを読む

有馬特例法 (ありまとくれいほう)

正式には「日本中央競馬会の国庫納付金等の臨時特例に関する法律」といい、1955年(昭和30年)12月、当時の日

続きを読む