【て】

ティモシー

多年生のイネ科牧草で、耐寒性が強く馬の嗜好性も非常に良いため日本でも多く栽培されている。 草丈は80~110c

続きを読む

テキ

競馬社会にのみ使われている隠語のひとつで調教師のこと。 騎手や厩務員等が自分の調教師のことを「うちのテキが」な

続きを読む

テレビ馬 (てれびうま)

実力的に勝つのが難しく、玉砕的な大逃げを打つ馬のこと。 レースの途中までは注目が集まり、テレビに多く映ることか

続きを読む

テン

「最初」という意味合いを持つ。 使い方は様々で「テン乗り」といえば初めてその馬に乗ることをいう。 「テンの3ハ

続きを読む

デッパ

「発馬」のことで「デッパが悪い」といえばゲートの出の遅い馬や、二の脚のつかない馬のことで、逆に素早く飛び出す馬

続きを読む

手前 (てまえ)

馬が走るとき、右前肢を左前肢より常に前に出して走ることを右手前という。これは後肢を大きく踏み込んで大地を蹴るた

続きを読む

手替わり (てがわり)

レースで、それまで騎乗していた騎手から他の騎手に乗り替わること。

続きを読む

出ムチ (でむち)

スタートダッシュが遅い競走馬(「テンが遅い」ともいう)や、逃げ馬などに騎乗している騎手がスタート直後に入れる鞭

続きを読む

出遅れ (でおくれ)

レースのスタートの際、競走馬がゲートから出るのが遅れること。 タイミングやその馬の気性などいろいろな原因が考え

続きを読む

定量 (ていりょう)

別定重量のうち、収得賞金に関係なく、馬の年齢または性別により、出走馬の全馬に一定の負担重量を定める方法。 日本

続きを読む

定量戦 (ていりょうせん)

レースにおける負担重量を収得賞金や実績などに関係なく競走馬の性別や年齢によって決めるレースのこと。 中央競馬で

続きを読む

蹄叉腐爛 (ていさふらん)

蹄底の蹄叉の凹部につまった汚物が原因で蹄底が腐食し、悪臭をはなつ病気であり、重症になると跛行を呈する。 原因は

続きを読む

蹄鉄 (ていてつ)

馬の蹄(蹄負面)に打ち付ける金属で作製したものを言い、かつては、調教用と競走用とに区分され、調教時には鉄および

続きを読む

蹄葉炎 (ていようえん)

馬の蹄の内部は血管が発達しているが、体重が重いこと、心臓から遠い体の末端に位置することなどから心臓のポンプ作用

続きを読む

適鞍 (てきあん)

その競走馬がもっとも力を発揮できる条件のレースのこと。 馬が仕上がっていてもその週に適鞍がないために翌週以降の

続きを読む

鉄砲 (てっぽう)

比較的長期の休養明けでレースに使うこと。 このような場合にレースに使うことを「鉄砲使い」、また鉄砲使いでレース

続きを読む

天狗山 (てんぐやま)

調教師が調教を監視する場所のこと。 昔は馬場の出入口近くにスタンドと並んで人工の小高い山を作ってその上の10人

続きを読む

天神乗り (てんじんのり)

騎手の乗り方のひとつで、モンキー乗りと対比して呼ばれることが多い。 鐙を長く持ち背筋を伸ばして馬の背と垂直にま

続きを読む

展開 (てんかい)

レースのペースや流れ、競走馬の位置取りなど、レース中に起こる様々な要素をさす言葉。レース展開のこと。 展開ひと

続きを読む

転厩 (てんきゅう)

ある厩舎に所属している競走馬が他の厩舎に移籍すること。 地方所属の馬が中央のレースに自由に出走する資格を得る為

続きを読む

伝貧 (でんぴん)

馬伝染性貧血の略語であり、馬特有の法定伝染病である。ウィルスによって感染する。 典型的な症状は40℃前後の高熱

続きを読む

殿堂入り (でんどういり)

競馬の発展に重要な功績をのこした競走馬が「顕彰馬」として競馬の殿堂に入ること。

続きを読む

電話投票 (でんわとうひょう)

遠隔地の競馬ファンへのサービス、発売窓口の混雑緩和などを目的として1974年(昭和49年)2月から電話投票制度

続きを読む