移動柵 (いどうさく)

ビッグレースまでの馬場保護の為に取り付け、芝コースの内側数メートルを保護する柵のこと。「仮柵」という名称が一般的だが正式には「移動柵」という。
おおよそ3m~4mの幅で移動し、内から順に「Aコース」「Bコース」「Cコース」とアルファベットを頭につけた形で表記する。
内ラチが移動した分だけレースコースは狭くなるため、使用するコースによってフルゲートの頭数に変動が生じる。
使用するコース、ならびに区分けについては各競馬場が判断する。一般的にはAコースから順番に外へ移動して使用することが多い。
使用コースについてはレーシングプログラムや公式サイトの「馬場情報」などで知ることが出来る。
移動柵 (いどうさく)