息をいれる (いきをいれる)

主に逃げ馬に対して使われる言葉で、道中ペースを落としてラストスパートのためのスタミナを温存すること。
逃げ切るためには重要な要素で、騎手の腕によるところが大きい。