高松宮記念

高松宮記念

レース名
高松宮記念
開催地
阪神競馬場
施行時期
3月下旬 (原則1回中京10日目)
格付け
GI
1着賞金
9500万円
賞金総額
1億8050万円
距離
芝1200m
出走条件
サラブレッド系4歳以上(国際)(指定)
負担重量
定量(57kg、牝馬2kg減)
第1回施行日
1971年6月27日

「高松宮記念」レース動画

「高松宮記念」概要
高松宮記念 (たかまつのみやきねん) とは、日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場の芝1200mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。競走名は、皇族の高松宮家から1997年まで優勝杯を賜与されていたことにちなんでいる。中央競馬のGIでは唯一4大場(東京・中山・京都・阪神)以外で開催されているレースで(代替開催時を除く)、一部の競馬ファンや解説者からは「宮記念」や旧称の高松宮杯から「宮杯」と通称されている。
正賞は名古屋市長賞、名古屋競馬株式会社賞、日本馬主協会連合会会長賞。
出走資格
サラ系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬(外国産馬含む)及び外国調教馬(9頭まで)。地方所属馬は阪急杯での1・2着馬及びオーシャンステークスの1・2着馬が出走権(優先出走権ではない)で出走できる(2010年現在で地方馬・外国調教馬の優勝は無い)。
負担重量
定量:57kg、牝馬2kg減
賞金
総額賞金:1億8050万円

  1. 1着賞金:9500万円
  2. 2着賞金:3800万円
  3. 3着賞金:2400万円
  4. 4着賞金:1400万円
  5. 5着賞金:950万円