ウッドチップコース

走路の基盤の上に粉砕された木片を敷きつめた馬場で、日本でも調教用馬場として多く用いられている。
この馬場はダートコースに比べてクッションが数段よく、脚への負担が少ない。坂路コースにもウッドチップが敷き詰められている。
また、馬場を管理・維持する上でも、非凍結性、浸水性、非流亡性が高く、欧米ではかなり前から取り入れられていた。
中央競馬では1982年(昭和57年)から研究開発され、美浦と栗東のトレーニングセンターや函館競馬場にウッドチップの敷き詰められた調教コースがある。
ウッドチップコース