上腹 (うわばら)

鞍の保定には一本だけの腹帯では破損した場合危険であり、鞍ズレも起こしやすいので、その防止のため鞍の上から腹帯の上にもう一本の帯をしめる。これを上腹という。
上腹 (うわばら)