内回り

競馬場によっては内回りと外回りの2つのコースをもっており、中山では向正面、京都、阪神、新潟では3、4コーナーにかけて内、外に分かれている。
中山の場合は極端に小回りになるし、京都、阪神、新潟では直線が短くなる。