中山金杯

中山金杯

レース名
中山金杯
開催地
中山競馬場
施行時期
1月上旬 (原則1回中山1日目)
格付け
GIII
1着賞金
4300万円
賞金総額
8180万円
距離
芝2000m
出走条件
サラブレッド系4歳以上(国際)
負担重量
ハンデキャップ
第1回施行日
1952年1月20日

「中山金杯」レース動画

「中山金杯」概要
中山金杯 (なかやまきんぱい) とは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝2000mで施行する中央競馬の重賞(GIII)競走である。日刊スポーツが賞を提供しており、正式名称は「日刊スポーツ賞 中山金杯」と表記している。
出走資格
サラ系4歳(旧5歳)以上で、施行日当日の1週前から過去1年前までの期間内に1回以上出走のJRA所属の競走馬及び外国調教馬である(8頭まで)。
負担重量
ハンデキャップ
賞金
総額賞金:8180万円

  1. 1着賞金4300万円
  2. 2着賞金1700万円
  3. 3着賞金1100万円
  4. 4着賞金650万円
  5. 5着賞金430万円