馬のプール

福島県いわき市の「競走馬総合研究所常磐支所」内にある施設で、骨折や屈腱炎などの脚の故障で十分にトレーニングを積めない療養馬の運動不足を、脚に負担のかけない水泳を用いて解消させ、少しでも早く第一線に復帰させる目的で用いられている。
現在、美浦・栗東の各トレーニングセンターにも設置されている。
泳ぎの上手、下手はあるが、馬のカナヅチは皆無といわれ、療養馬たちは1周約40mのプールを毎日(5~10月)10周程度泳いで体力の維持に励んでいる。
療養馬だけではなく、現役競走馬の調教法の一環としても行なわれている。
馬のプール