馬インフルエンザ

馬の急性伝染病であり、ウィルスによって発熱と呼吸器障害をきたす。
伝染は空気感染の形をとり、伝染力は極めて強く、日本では1971~1972年(昭和46~47年)に流行し、競馬の開催が中止となった。
潜伏期間は3~7日で、39~40℃の発熱、水様性鼻汁と激しい咳が特徴である。
現在、乗馬を含む軽種馬は予防接種が義務づけられており、中央競馬では、予防接種を実施していない馬の施設内入厩は拒否し、防疫に努めている。