エビハラ

屈腱炎の俗称で単にエビと呼ばれることもある。前肢に多く発症する。
肢勢、打撲、走行中に大きな負荷がかかることなどにより屈腱に刺激が加わると炎症を起こし、エビの腹のように腫はれるところからこの名がある。
治療には、物理療法、装蹄療法が行なわれるが、完治しにくい病気であり、再発しやすい。