お手馬 (おてうま)

ある馬にひとりの騎手がずっと騎乗していてその馬の癖、性質等を熟知している場合、その馬を「お手馬」という。
他の騎手からお手馬としている騎手に乗り替わると、全能力を発揮して好走することが多い。
別の騎手が乗ることを「乗り替わり」といい、初めてその競走馬に乗ることを「テン乗り」という。