重い (おもい)

「馬体が重い」とよく使われるが、重っくるしいという意味。素軽さがないということで「動きが重い」ともいう。
体重が増えて目方が重いときも同じように「重い」という言葉が使われているが、前後の内容とニュアンスで使い分けられている。
似た言葉に太いというのがあるが、これはあくまで外見上太く見えるということで、馬体が絞り切れない状態のこと。また、馬場が悪いときは「下(馬場)が重い」などという。