重め残り (おもめのこり)

レースに出走する競走馬の馬体重が理想体重よりも重めになっていること。
調教などで馬体重を絞り込めなかった時などに使われる言葉。
100%の実力を発揮するのは難しいとされ、減点材料となる。