カンカン

負担重量のこと。負担重量とはヘルメット、鞭を除いて騎手をはじめ馬の装具など競走馬の上に乗るほとんどの目方のこと。
騎手の負担重量を計量する検量室のことをカンカン場と言うが「貫を看る場所」から「貫看(かんかん)場」というのが語源とされている。
「カンカン泣き」という言葉があるが、斤量に敏感で重い負担重量を苦にする馬のことをいう。