カンカン場 (かんかんば)

斤量を計る検量室のことをいう。
レースに出場する騎手はここで、鞍、鉛などを持ち、定められた重量かどうかを秤に乗って計量する。