ガラリ一変 (がらりいっぺん)

前走時の状態が悪かったり、レースでいい成績を残すことが出来なかった馬の調子があがり、前走と比較して明らかに状態が良化していること。