仮柵 (かりさく)

移動柵ともいう。内ラチから5メートル、10メートルなど一定の距離に柵を設けることによって、内側の芝の過度の消耗を防ぐ。