管骨骨膜炎 (かんこつこつまくえん)

主として前肢に発生し、ムコウズネ、ムコウゾエ、ソエとも呼ばれる。
骨が完全に化骨していない若馬に急激な強い調教を行なったり、硬い走路で調教を行なうと、管骨(第3中手骨)の全面に炎症を起こす。
初期であれば運動を軽くし、患部を冷却することにより治癒するが、重症になると腫れ、骨瘤状となり激しい疼痛、跛行を伴う。
さらに重度となると骨瘤部に亀裂骨折(皿状骨折)を発症する。