奇跡の血量 (きせきのけつりょう)

3代目と4代目に同一の祖先を持つと血量がその祖先の18.75%となるが、こうした馬が過去の名馬に不思議と多く「奇跡の血量」と呼ばれている。
1960年(昭和35年)に無敗で「皐月賞」と「東京優駿(日本ダービー)」を制したコダマがブランドフォードの18.75%の血量であったことから、日本でもこの配合がもてはやされた。
最近の例としては、トウショウボーイ、マックスビューティなどが挙げられる。
もっともそうした馬が全て走るというわけではなく、走る馬に多く見られる、ということ。