グレード制

重賞競走の役割と重要性を広く認識させ、生産界の指標としての重賞競走の位置づけを明確にするために欧米にならい、我が国でも1984年(昭和59年)より重賞競走を格付けすることとなった。
「格」を表わす記号として「GRADE」の頭文字である「G」を使用して、「GI」「GII」「GIII」の3グループに分類されている。
GIは競走体系上もっとも重要な意義をもつ根幹競走、GII はGIに次ぐ主要な競走で、GIの勝ち馬も比較的容易に出走できる内容をもった競走である。GIII についてはGI、GII以外の競走である。
また、障害競走の格付けは「J・GI」「J・GII」「J・GIII」として表記される。
なお、2007年(平成19年)には日本のパートI昇格に伴い、平地競走については、国際格付けを持つ競走を「GI」「GII」「GIII」と表記し、それ以外の競走を「JpnI」「JpnII」「JpnIII」と表記するようになった。