屈腱炎 (くっけんえん)

競走馬の脚にある屈腱が断裂し、炎症をおこす病気のこと。
直接命に関わる病気ではないが、痛みと腫れにより競走能力は著しく低下する。
一度完治しても再び発症する可能性が高く、発症した競走馬は引退を余儀なくされることが多い。腫れの形状から「エビハラ」「エビ」とも呼ばれる。
近年は減少傾向にあるが、過去に数々の名馬がこの病気で引退した。