組合馬主 (くみあいうまぬし)

個人馬主、法人馬主に次ぐものとして、2001年(平成13年)に新たに出来た馬主の形態。
組合契約により3名以上10名以下により結成された団体を一つの馬主として登録するもの。
2006年(平成18年)5月末の時点で、中央競馬会に登録のある6287の馬主のうち、組合馬主20、法人馬主382、個人馬主5885を数える。