軽速歩 (けいはやあし)

速歩のとき騎手が馬の動きに合わせて鐙に立つ、鞍に座る、を繰り返すことをいう。
速歩の反撞による人馬への負担を低減するための技術。