決勝写真 (けっしょうしゃしん)

レースの着順判定を決定する写真のこと。
ゴール前にスリットカメラが備え付けられていて、数センチの差も判定できる。
1996年(平成8年)のスプリンターズステークスで勝ったフラワーパークと2着のエイシンワシントンの差はたったの1cmだった。