血統書 (けっとうしょ)

サラブレッドの血統を記した本。
1793年に初めての血統書ともいうべきゼネラル・スタッドブック第1巻がイギリスのジェームス・ウェザビィによって刊行され、その後4年毎に出版されている。
世界の競馬開催国もその伝統にならい、各々血統書を出している。
現代の全ての馬は、家系図のように血統書を辿っていくことで出自が明らかになり、最終的には三大始祖に辿り着く。なお、各馬には血統登録証明書が交付され、これがないと競走馬登録ができない。
血統書 (けっとうしょ)