検量 (けんりょう)

出走馬ごとに定められた負担重量をチェックすることを「検量」という。
発走の70分前に全騎手が行うのを「前検量」といい、レース終了後に上位7位までに入線した騎手及び裁決委員が特に指定した騎手が行うのを「後検量」という。
この検量をする場所を「検量室」という。