国営競馬 (こくえいけいば)

1937年(昭和12年)に各地の「競馬倶楽部」を統合して「日本競馬会」が設立され1948年(昭和23年)まで続いたが、占領下、GHQの解体命令の対象となり日本競馬会そのものの存続が危うくなった。
このため、緊急立法化して日本競馬会を「国営競馬」とし、国が競馬を主催する形態をとった。
設立時から将来的には民営化する条項がうたわれており、1954年(昭和29年)7月の日本中央競馬会法の公布、同年9月の日本中央競馬会設立によって国営競馬の幕は閉じた。