骨折 (こっせつ)

競走馬にとって骨折は生死に関わるものである。
軽い骨折なら治療して直る可能性があるが、複雑骨折や粉砕骨折などの場合、「予後不良」の診断が下され、安楽死処分がとられる。
サラブレッドが3本の脚で全体重を支えると、蹄葉炎などいろいろな病気にかかてしまい、結局死に至ってしまうため、殺処分(安楽死)の処置がとられるのである。