小脚を使う (こあしをつかう)

レース中などでの脚さばきが巧みな様子のこと。
主にコーナーなどでは完歩を小さくしてスピードを調節したりするが、これができない馬はリズムが狂い、走りがおかしくなったりする。