差し脚 (さしあし)

馬の脚質のひとつで、先行馬群を射程圏に入れて進み、直線の勝負で速い脚を使い前にいる馬を交わす。
目標にした馬をキッチリ捉えたとき差し切ると言い、及ばなかったとき差し届かなかったという。
また、一旦先頭に立った馬が後方からきた馬に並ばれ、あるいは交わされてから巻き返して先着したとき差し返すという。
この差し脚を武器に戦うタイプの馬を「差し馬」といっている。