挫跖 (ざせき)

走行中に後肢の蹄の先端を前肢の蹄底にぶつけた時、あるいは石などの硬いものを踏んだ時などに、蹄底におきる炎症(内出血)をいう。
肢勢の悪い馬、蹄底の浅い馬、時として踏み込みの良い馬に発症しやすい。
一般に前蹄に多く発症し、蹄に熱をもち、重度の跛行を呈することもある。