柵見せ (さくみせ)

返し馬の時などに意識的に柵沿いを通り競走馬にこれから走るところを覚えさせること。
逃げ馬に騎乗している騎手がやることが多い。