産地によるアローワンス

負担重量の軽減措置のひとつで、南半球産の競走馬の負担重量を一定量軽減させること。
北半球と南半球で馬の発情期が半年ずれていることから、成長差を補填するために設けられている。