産地馬体検査 (さんちばたいけんさ)

競走馬の主要生産地で年に数回開催される、入厩前の2歳馬の馬体照合や健康状態を検査し、登録の手続きをする集団検査のこと。
一般的にはトレーニングセンターに入厩するときに上記の検査・登録が行われるが、育成が進んだ競走馬については産地馬体検査で登録を済ませ、直接競馬場に入厩することができる。