蹴癖 (しゅうへき)

人や他の馬を蹴る癖である。
蹴癖馬は人馬に危険を及ぼすため、厩舎では目印として尾に赤い布をつけ危険防止に努めている。