準サラ (じゅんさら)

アラブ血量が25%以下のものはアラブ系種としての資格がなく「準サラ」となる。
計算例としては、サラブレッドとアラブを交配してできた馬はアラブ血量50%、さらにこれにサラブレッドを交配すると25%、またこれにサラブレッドを交配すると12.5%となり、25%以下なので準サラとなり、アラブ系競走には出走できない。
しかし、1974年(昭和49年)6月1日の登録規程の改正により、準サラはサラ系となり、準サラという品種は廃止された。
またこの改正により、サラ系(含む準サラ)に連続8代サラブレッドを交配して生まれたものはサラブレッドとする、ということになった。