脚色 (あしいろ)

脚勢のことを脚色という。能力を出し切ってスピードが衰えたとき「脚色が悪い」といい、まだ余力があり、追えば伸びる状態のとき「脚色がいい」というように使う。
似たような言葉で脚がある(ない)というのがあるが、脚があるという場合は、脚色がいいと同じ意味にも使うし、決め脚がある、能力があるという意味から「一瞬の脚がある」「勝つ脚がある」などと使われる。
逆に脚がないという場合は脚色が悪いという意味、あるいは他馬と比べて能力がないという意味で使われる。
また「脚をなくす」というのはレース前半に脚(能力)を使い末脚を失うことで、最後の踏ん張りの利かない状態をいう。
また、「一杯」「強目」「馬なり」などは脚色を表す言葉。