疝痛 (せんつう)

馬の腹痛を伴う病気を総称していう。疝痛には便秘疝、風気疝、変位疝などがある。
主な要因としては、

  1. 馬は解剖学的に、胃の容積が小さく、胃の噴門の構造上嘔吐することができない。
  2. 腸管が長いので固定されにくく、腸の位置が変わりやすい。
  3. 腸管の太い部分と狭い部分があるため、内容物がたまりやすいなど疝痛を起こしやすい構造をしている。

…など、腸管等に原因があるほか、飼養管理ミスや運動不足でも発症する。
特に、変位疝(腸捻転など)は致命的である。