外回り (そとまわり)

競馬場によって内回りと外回りの2つのコースをもっており、中山では向正面、京都、阪神、新潟では3~4角にかけて内外に分かれている。
中山の外回りは内回りに比べかなり高くなっており、2角及び3角のカーブが緩くなっている。
京都、阪神、新潟は内回りに比べて直線の距離が、それぞれ約80m、120m、300mもちがうので追い込み型の馬に有利なコース形態といえよう。