ダートコース

芝コースを主体に行われていた日本の競馬だが、その芝コースを保護するために造られたコースで、表面は砂である。
アメリカのダートコースの構造を参考資料として造られたもので、1961年(昭和36年)第2回東京戦からダートコースの競馬が行われるようになった。
その後、順次各競馬場にダートコースが造られ、中央場所の中山、京都、阪神はもちろんのこと、砂コースだった札幌もダートコースに変わり、他のローカル競馬場の全てにも造られている。
従来の砂コースとの違いはそのクッションの良さにあり、砂の敷き方(砂の種類、厚さ、粒子の大きさ)が異なっている。
また、ダートコースで好成績を上げる馬を「ダート馬」というが、スピードよりパワーの勝った馬で、馬格や血統に負うところが大きいようだ。
ダートコース