叩く (たたく)

競馬用語としての「叩く」にはふたつの意味があり、ひとつは騎手が鞭(ステッキ)で馬を叩くことで、レース中に気合を入れたり、力を出し切るための補助動作として行う行為で、「叩いても動かなかった」などと使う。また「ステッキを入れる」というのも同じ意味である。
もうひとつはレースに使うことを表し「休み明けを叩いて馬体が絞れた」「叩きながら良くなった」というのがこれで、「ひと叩きして…」などよく使われるが、目標の前のレースとか、レース間隔が開いた時に使う言葉である。
レースを何戦か積み重ねないと調子が上がってこないタイプを「叩き良化型」と呼んだりする。
逆に、何戦もレースを使うと調子を落としてしまうタイプを「使い減りする」という。