中央競馬 (ちゅうおうけいば)

日本中央競馬会(JRA)が主催する競馬である。
1954年(昭和29年)9月25日に東京競馬場、京都競馬場において初めて開催された。現在、中央競馬は北から「札幌」「函館」「新潟」「福島」「東京」「中山」「中京」「京都」「阪神」「小倉」の10ヶ所の競馬場で年間で最大288日行われる。
原則、週末の土・日曜日の2日間を4週、計8日間で1開催である。
1年(平年)=365日=52週+1日なので52週÷4週=13ということで関東で13開催、関西で13開催、その他で10開催行われる。開催は1月1日を基点、12月31日を終点とした「暦年制」である。
1日に開催される競走は最大で12レースである。
競走は競馬番組に従って行われるが混雑緩和のため、ジャパンカップ開催日の東京競馬および有馬記念開催日の中山競馬は11競走である。

競馬開催日の競馬場には入場料が必要。金額は各競馬場ごとに異なる。
東京・中山・京都・阪神・中京:200円
上記以外の競馬場(札幌・函館・福島・新潟・小倉):100円
JRA全場で使用できる「JRA競馬場共通入場回数券」:8枚1組で1000円
15歳未満の入場:無料。

競馬非開催日の競馬場(パークウインズ)ならびに場外勝馬投票券発売所(WINS)は入場は無料である。
競馬場への未成年者(20歳未満)の入場は保護者の同伴が必要である。
WINSは馬券購入が目的となることから未成年者の入場は禁止されている。