ツル頸 (つるくび)

馬がパドックなどで歩いているときに頸(首)を鶴のように曲げている状態をいう。
神経を高ぶらせている馬によく見かけるが、一見、気合に満ちあふれ、いかにも走りそうな印象を与えるが、馬の気性の現れで、競走能力とは関係ない。
ツル頸 (つるくび)