蹄叉腐爛 (ていさふらん)

蹄底の蹄叉の凹部につまった汚物が原因で蹄底が腐食し、悪臭をはなつ病気であり、重症になると跛行を呈する。
原因は厩舎や放牧場の不潔、蹄の手入不足等であり、何よりも予防が肝心である。