トータリゼータオッズボード

各窓口に設置された発売機、払戻し機、表示装置や、コンピューターが組み合わされた、勝馬投票方式のシステムを総称して「トータリゼータシステム」と呼んでいる。
現在設置されているトータリゼータシステムでは、勝馬投票券の発売と払戻しを大型コンピューターで一括処理を行なっており、さらに発売票数の集計値などの情報を、即時に自動的に処理する。
この刻々と変動する発売票数に応じた概算配当率(オッズ)は、一定の時間間隔をおいて表示装置に表示される。
「トータリゼータオッズボード」とは、この発売票数、概算配当率や払戻金等の情報を表示する競馬場の中の屋外表示装置のことである。
「トータリゼータシステム」が導入される1966年(昭和41年)以前はトータライザーといって、集計された売上高を人為的に電動表示板に掲示していた。
さらにその前は、黒板に勝馬投票の売上高を掲示する方法しか取れなかった。
トータリゼータオッズボード