頭絡 (とうらく)

馬の頭から顎(あご)、頬、鼻の上、そしてうなじにわたって細い幅の革でできた馬具で、馬銜を吊って馬の口の内に入れ、適当な位置を保たせるために使用する。
また同時に、馬を取り扱う場合の補助の役目もする。
頭絡 (とうらく)