鉛 (なまり)

負担重量調整のため鉛板を使用する。鉛板は100g(グラム)から500gまで5種類あり、100gを「一分(いちぶ)」と呼んでいる。
通常、鉛鞍と呼ばれる鉛を入れる仕様の鞍に、鉛板を入れて負担重量を調整している。
まれに胴巻に入れて自己の胴に固定する騎手もいる。
競馬場では鉛以外に500g単位で負担重量調整用のゴムパッドを準備しており、これを使用して負担重量を調整する騎手もいる。