常歩 (なみあし)

「並足」とも書く。速度は普通1分間に110m位で、これは時速6.6kmにあたる。
人間の通常の歩く速度は時速4kmだから、人間よりかなり速いことがわかる。
活発に歩かせなければ、これよりずっと遅く歩くが、活発に歩かせないと本来の正しい動きをしない。
四肢の動く順は(1)右後肢→(2)右前肢→(3)左後肢→(4)左前肢の4ビートで、頭、頸を左右、上下に大きく動かして歩き、騎手の腰は前後に揺れ動くが、上下動の反撞はない。
馬は基本的には常歩、速歩、駆歩、襲歩などの歩法で移動するが、これらの歩法のうち常歩は最も速度が遅い。肢の着地順は右後肢→右前肢→左後肢→左前肢と続いていく。